• ご注文方法
  • 3種類のプラン
  • 無料制作について
  • 価格表
  • よくあるご質問
  • 印刷サンプル

簡単入力&安心のプレビュー機能付き!住所録の登録方法

宛名グループを登録する

マイページの宛名印刷タブをクリックして住所録の登録ページへ移動します。
「宛名グループの新規作成」にグループ名を入力して登録ボタンをクリック。
グループ名は親戚・友人・会社関係...など自由に決めてください。後から変更することも可能です。

編集ページへ移動する

宛名グループを登録したら、「編集ページへ移動」をクリックして編集画面を開きます。

入力する表を見やすくする

編集ページを開くと表組みが表示されます。ここに住所録を入力していきます。
初期画面では会社名、部署名、肩書き、連名1〜連名5など全ての項目が表示されています。
不要な項目が邪魔になって、入力しづらい場合は「列の表示切り替え」で項目の表示/非表示を切り替えることができます。

表へ入力する

表組みの任意の場所をクリックするとブルーの枠で囲まれますのでそのまま直接文字を入力します。
氏名は必須項目となっており、氏名に何も入力されていない住所録は保存されません。

敬称(様)など同じ内容を入力する

敬称など同じ内容をを入力する場合は行方向にコピーします。
上の例では「山田 太郎」さんに「様」と入力後、「様」をクリックしました。
ブルーの枠が表示されますので、枠の右下あたりをクリックして
行方向(下)へドラッグすると「様」がコピーされます。
また、複数のセルをコピー&ペーストすることも可能です。
敬称に限らず書体を変更する時なども同様の操作で一括変更ができます。

郵便番号を入力→住所変換

郵便番号を入力すると「〒マーク」のアイコンが表示されます。
このアイコンをクリックすると住所欄へ自動入力されます。

Excelなどのデータからコピー&ペースト

対象のセルをクリックしてペーストします。足りていない行は自動的に追加されます。
右クリックでペーストすることができませんので、
Windowsは「Ctrl」+「V」、Macintoshは「command」+「V」でペーストしてください。

宛名を連名にする

例えば「山田 太郎さん、花子さん」の2名で連名にする場合は、
氏名に「山田 太郎」、連名1に「花子」と入力します。
この時、名前の「山田」と「太郎」の間に全角のスペースを入れてください。
全角スペースを読み取って「太郎」と「花子」の頭揃えになります。

住所の改行について

長い住所の場合は市町村の後ろや建物名の手前に全角のスペースを入れて改行させてください。
スペースが無ければ長い住所であっても改行されず1行で印刷されてしまうため、
文字が小さくなってしまいます。

また、住所の改行は2行までとなっていますので、スペースが2つ以上ある場合、
2つ目以降のスペースでは改行されません。

保存してプレビュー確認

住所録の登録が完了したら「保存してプレビュー」ボタンを押して内容を保存します。
印刷プレビューを行う用紙の選択画面が表示されますので、
用紙を選択してプレビューを実行してください。
プレビューは30件ずつ表示され、プレビュー画面から直接修正を行うこともできます。
当社では宛名住所録の修正は一切行っておりません。
プレビュー画面で表示された通り印刷されますので、必ず全ての住所録をプレビュー確認してから
ご注文ください。

結婚報告はがきのグラット人気の理由

お問い合わせ

8月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
9月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

は定休日です
▼営業時間
平日AM9:00〜PM5:00